アジアンガーデン「R-Asia島カフェ」

初島リゾート
島をテーマにした大人のリゾートのオープンカフエでは、初島をはじめ島々をテーマにしたメニューを楽しめます。

南国の花が咲き乱れるオープンテラスで南国料理を食べて、お腹いっぱいになったらハンモックで揺られながら海風を感じてくださいね。

営業時間 9:00~16:00
定休日 木曜日(繁忙期を除く)
入園料金 大人800円/子供500円
※アジアンガーデンR-Asiaの入園料が必要
※アイランドキャンプヴィラ宿泊者は無料
お問合せ 【電話】0557-67-2151(初島アイランドリゾート)

R-Asia島カフェでカフェタイム

緑の芝生とハンモック、そして南国の植物が咲き乱れるR-Asia島カフェは癒しのカフェでした。

初島リゾート 初島カフェ
アジアンガーデン「R-Asia島カフェ」に入場するには、海泉浴のある初島アイランドリゾートで受付します。アジアンガーデンの入り口では受付できないのでご注意を。

初島リゾート 初島
何気に初島アイランドリゾートの受付から、アジアンガーデンの入り口まで距離と階段があるので初めに受付を済ましておくと何往復もせずに時短にもなりますよ。

初島リゾート 初島リゾート
アジアンガーデンは一面芝生が生えています。私は夏に行ったので緑の芝生でしたが、冬は芝生が茶色になるみたいで少し残念。
この日は天気も良かったのでパラソルの席で裸足で芝生を感じていました。

初島リゾート 初島リゾート
パラソルがない席やヤシの木が木陰になっている席など様々。席も隣と離れているのでカップルの方はプライベートな時間をすごせるのでおすすめです。

ハンモックに揺られながらのティータイムでリゾート気分を満喫♥

初島リゾート 初島リゾート
アジアンガーデンの入り口の左側にR-Asia島カフェがあり右側には冷暖房完備の休憩所があります。この日は日差しも強かったので中でお茶している方も。ただ、5畳ほどと狭いのであまり大人数では入れませんでした。夏はクーラーで涼むにはいいかも。

アジアンガーデン内にはテーブル席の他にもござがいくつかあるので、子供がいる方は広げて寝転がっていました。芝生の上にござを敷いてゆっくりするのも良かったですよ。

初島リゾート初島リゾート初島リゾート 
初島のカフェ「CAFE・KINKHAO(カフェキンカーオ)」はメニューも豊富。
島々をテーマにしたアジアン焼きそばやハワイアンロコモコ、ナシゴレンプレートなどどれも美味しそうなものばかり。

ソフトドリンクやアルコール類も少し販売していました。

初島リゾート 初島 食事
少しさっぱりしたモノが食べたくなり、ミックスベリージェラートを注文。
いろんなベリーが入っていて甘酸っぱいアイスは500円。量も思ったより多く、2人で1個でも充分でした。

初島 酒 初島 食事
R-Asia島カフェの向かい側にあるのがバー「BAR・SABAAI(バーサバイ)」では飲み物を買いました。アイスカフェオレとマンゴージュース。

午後からの予定を初島マップをながめたり、ハンモックに揺られたり、日向ぼっこをしたりしました。

初島 トイレ 初島リゾート
アジアンガーデン内には黄色や赤色のハイビスカスが咲き乱れ南国そのものでした。東京ではあまりハイビスカスが咲いているのって見れないから嬉しかったな~。

あと気になるのがトイレ。アジアンガーデンの入り口の右側にコンクリートのトイレがあります。外にありますが、洋式タイプのトイレは綺麗で清潔でしたよ。